母さんがどんなに僕を嫌いでも

先日、
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
という映画を見ました。

 

実話をもとにした映画で、
お母さんに拒絶され続けたこどもが、
お母さんと親子の関係を取り戻していく映画です。

 

 

映画を見ていて、
ここまでひどいお母さんが実際にいるんだ・・
と絶句しましたが、
そうしてしまうには、必ず何らかの原因があるんですよね。

 

 

そんななか、

「いつも〇〇ちゃんの味方、ひとりじゃないよ」

と、こどもの側で、いつも励ましてくれる大人がいました。

 

 

この大人がいてくれてたおかげで、
生きていくことができたと、
主人公の男の子は後に話しています。

 

 

お母さんが、
「あなたなんて生まれてこなければよかった」と言ってしまったり、
思い余って、手をあげてしまうことがあっても、

 

 

「どんなにお母さんが僕を嫌いでも、僕はお母さんが大好きです」

と主人公は言います。

 

 

そう、どんなことがあっても、
こどもはお母さんのことが大好きなんです。

 

 

そう考えると、
お母さんって、とってもすごい存在なんですよね。

 

 

僕の母はすでに天国に旅立ちましたが、
今でもときどき思い出すことがあります。

 

 

お母さんが持っている、
つらさ、大変さ、悲しみを誰かがわかってあげたら、

 

 

こどもにとって、誰か一人だけでもいい、
いつも見守っていてくれる大人がいてくれたら、

 

 

人生はいろいろあるけれど、
それでも生きていける!

 

 

そんなことを感じた映画でした。

 

 

来年から、
親子で安心して集まれるような、
場づくりも少しづつ始めていこうと思っています^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です