<お金のゲーム大会:第2弾>12/27(木)「もしも自分が社長だったら」

ゲームを使って、楽しみながら、お金と生き方について考えてみたい、
こどもたち
向け(※概ね10歳以上~大学生までを対象にしています)

「もしも自分が社長だったら」

 ※お金のゲーム大会第1弾(http://lifeworkpress.jp/moneylifegame1/)に参加していなくても、大丈夫な内容になっています。
   第1弾と共に受けられると、より理解が深まる学びになると思います♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こどもたちの皆さん、
将来、自分が会社の社長だったら・・ということを、考えたことはありませんか?

 

 

「将来は社長になってみたい」という人もいれば、
「将来何をしたいとか、まだよくわからない」という人もいるでしょう。

 

 

働くということは、まだとってもイメージしずらいと思いますので、
今、何かをしたいと思っている人も、まだよくわからないという人も、
どちらもいいと思います。

 

 

 

中学生や高校生で社長になったという話を時々耳にしますが、
実は、社長になること自体は、そんなに難しいことではなくて、
それを継続していくことが大変なのです。

 

 

 

今回は、みなさんが社長になってみるゲーム体験を通して、
お金と人生について考えていきたと思います。

 

 

 

会社経営で大切なものって何だと思いますか?

 

 

これまで「人・モノ・金」と言われてきましたが、
今は、そこに「情報・時間」を入れた、
この5つの要素が必要と言われています。

 

 

 

例えば、人とは、
商品を買ってくれるお客さんであり、
会社で働いてくれる社員だったりします。

 

 

 

つまり、どんなお客さんをターゲットにして、
どういう能力を持った社員が、
何人くらい必要かということを考える必要があります。

 

 

 

例えば、モノとは、
会社で売る商品だったり、
会社を経営するのに必要な土地や建物、設備だったりします。

 

 

つまり、ターゲットとするお客さんに、
どんな商品を売ったら喜んでもらえるのか、
ということを考える必要があります。

 

 

 

そして、金とは、まさにお金です。
お金がないと支払いも給料も借金も払えず、
会社は存続できません。

 

 

 

お金をいくら稼いだらいいのか、
何にいくらお金を使えるのか、
いくらの貯金をしておく必要があるのか、
ということを計画的に行うことが大切になってきます。

 

 

こういったことを、
「自分が社長だったら、どうするか?」
ということを、考えていきたいと思います。

 

 

 

でも、考えてみると、
これらすべてを社長一人でやるのは大変ですよね。

 

 

 

自分だけではできないので、
会社の社員と共に経営していくことが、
必要になってきますね。

 

 

会社の社長になってみる一方で、
会社の社員にもなってみて、
お互いの立場からも、
考えてみたいと思います。

 

 

そして、会社のお金(会計)のしくみについても、
学んでいきます。

 

 

多くの人にとって、
会計と家計は分断されてしまっていますが、
会社のお金(会計)と家庭のお金(家計)は、
密接に繋がっています。

 

 

つまり、
家計を増やしたいと思えば、
家計だけ知っていても難しく、
会計も知る必要があるのです。

 

 

 

会社のお金(会計)と家庭のお金(家計)を知ることで、
お金の流れの全体像がわかります。

 

 

そして「自分がどう生きたいのか」
ということを考える時間になり、
自分のことを知る、何らのきっかけに
なったらいいなと思っています☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム感覚で、楽しみながら考えてみよう♪

 

お金に対するイメージをこどもたちに聞いてみると、
「難しそう」、「なんか怖い」、「めんどくさそう」
という感想が多かったりします。

 

 

サッカーや水泳やゲームなどに比べてとっつきにくく、
お金はこどもにとって、実際に手に触れられないものなので、
そういうイメージができてしまうのは、仕方がないと思います。

 

 

そこで、お金について、とっつきやすく、
楽しみながら学べたらいいなと思い、
ゲームを使って学んでいくことを考えました。

 

 

「知るぽると」という金融広報中央委員会のHPを見ると、
https://www.shiruporuto.jp/public/
中学生向け、大学生向け、大人向けのお金の教材などが載っています。

 

これらの教材や、
日本キャッシュフローコーチ協会で使っている「お金のブロックパズル」
などを参考にして、お金について、ゲーム感覚で学べる方法を考えました!
※本当のゲームではなく、ゲーム感覚のワーク形式で考えていきます

 

こちらもやるのは初めてですので、
皆さんには体験していただき、
感想やアドバイスをいただきながら、
一緒に作っていけたら嬉しく思います^^

 

では、興味とタイミングが合う方は、
一緒に楽しみながら、お金について考えていきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容

・会社のお金(会計)のしくみを、お金のブロックパズルで知る

・ゲームの要素を取り入れた教材を使って、会社経営を体験してみる

 

こんな人に向いています

・お金や会社経営について興味がある人

・将来のために、会社のお金(会計)のしくみを知っておきたい人

・楽しみながら、お金や生き方について考えてみたい人

こんなことが得れます

・会社のお金(会計)のしくみについて知ることができる

・会社のお金(会計)と家庭のお金(家計)の繋がりを知って、全体像がわかる

・どんな生き方をしたいかのかを考えるきっかけになる

・会社経営に必要なことがわかる

 

対象

概ね10歳以上~大学生まで

※参加者が小学生の場合は、親の同伴をお願いします
(親には、サポート役として参加していただきます)
※参加者が中学生の場合は、親の同伴は任意ですので、
話し合って決めてください。

 

日程・料金・申込 など

【日時】
12月27日(木)13:30 ~ 16:30 

※当日のスケジュール
 13:30~15:40 お金のゲーム大会
   15:40~16:30 お茶会、自由時間

 少しばかりですが、お菓子をご用意します。
 飲み物はホットの紅茶とお茶は用意しますが、
 それ以外は各自でお持ちください。

 

【会場】
一般財団法人東京サドベリースクール
東急田園都市線 桜新町駅徒歩15分程度
※お申し込み後に、会場までの地図をお送りします

 

【料金】
一人1,000円(二人目以降は、500円)
※親がサポートとして参加する場合は、親一人につき500円

【人数】
限定12名

 

【申込】下記のフォームから、

お名前、メールアドレス、

題名に『12/27もしも自分が社長だったら』、

参加者のところに人数、

を書いて、お送り願います。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(必須)

参加者(必須)
  

メッセージ本文

お申込み後、ご案内をメールにてお送り致します。

 

プロフィール

渡辺剛徳(わたなべたかのり)

税理士、「こどものお金の学校」経営、家族のキャッシュフローコーチ、
東京サドベリースクール元スタッフ

お金のメンターである、本田健さん・和仁達也さんから学んだお金のメソッドに、
税理士・サドベリースクールの元スタッフ・20年間自己探求し続けた経験を生かして、
2018年に「こどものお金の学校」をプレオープン。

一番大切にしていることは、安心安全な場づくり。

趣味は、たき火、まき割り、サイクリング、読書、学ぶこと(好きなことだけ)、アイデアづくり

特技は、こどもと遊ぶこと、人の話をきくこと、カラオケとダンス!?

 

 

 

 

Follow me!

<お金のゲーム大会:第2弾>12/27(木)「もしも自分が社長だったら」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です