どうして勉強って必要なの?

「ドラゴン桜」
というドラマをご存じでしょうか。

 

2005年に放送された、
漫画が原作のドラマで、

 

「人生を変えたいなら、東大に行け!」

 

のフレーズで、
弁護士が成績が良くない高校生を東大に合格させる物語です。

 

そのドラマが、16年ぶりに復活し、
現在、放送されています。

 

卓球しながら暗算を覚えたり、
トランプで計算力を磨いたりと、
ユニークな勉強方法が出てきます。

 

実際に、
ドラゴン桜のなかで出てきた勉強方法を使って、
東大に合格した生徒もいるそうです!

 

でも、
ドラゴン桜は、単に成績が良くない高校生を
東大に合格させる話ではありません。

 

こどもの頃、一度は、こう思ったことが
あると思います。

 

『どうして勉強しなくちゃいけないの?』

 

そして親になって、こどもから、

『どうして勉強って必要なの?』

と聞かれ、困ったことがあるかもしれませんね。

 

ドラゴン桜は、誰しも一度は思うこの疑問に、
向き合ったドラマなのです。

 

5/9に放送された第3話のなかで、
こんなセリフがありました。

 

『国はお前らには、何の疑問も持たず、何にも知らないまま、
 ただ制度にしたがい働き続け、金(税金)を払い続ける国民であって欲しい。
 その方が都合がいいから。(略)

 自分には関係ないとか言ってたら、一生だまされて、
 高い金(税金)を払わされ続けるぞ。

 なぜ社会はこうなっているのか、誰がどんな意図でこのしくみを作ったのか。
 本質を見抜き、自分なりの答えを出す力をつけろ。(略)

 そのためには、勉強するしかないんだ。勉強はこの国で許された唯一の平等なんだ』

 

勉強する理由や目的は、人それぞれあると思いますが、
究極的には、

 

・・・・・・・・・・・・・
自分(たち)の幸せのため
・・・・・・・・・・・・・

 

ではないでしょうか。

 

お金の教育においても、
お金の本質を知り、お金のしくみを知ること
はとっても大切なことです。

 

コロナによって、今まで表面化されなかった
お金の本質が、かなり浮彫になってきています。

 

自分の人生を生きたい!
と願うのであれば、

 

・・・・・・・・・・・・・・
お金の本質を知り、
自分なりの答えを出す力をつける
・・・・・・・・・・・・・・・

 

ことは避けて通れないことなのです。

 

お金の本質を知るために、
「国の借金」と「税金」のしくみ
を知ることが有効です。

 

そこで、
「国の借金」と「税金」について、
勉強する講座を開催することにしました。

 

~5/28・6/4開催~
『今日の常識は明日の非常識!~国の借金・税金編~』
      ↓
https://lifeworkpress.jp/20210515/

 

お金を搾取されることなく、
一部の人たちだけが豊かになる社会ではなく

 

自分や家族が豊かになれる、
そんな社会にしていくために、
よかったら一緒に学んでみませんか。

 

タイミングの合う方とお会いできることを、
楽しみにしていますね☆

 

今回もお読みいただきまして、
ありがとうございます♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください