お宝いただきました

Learn for Life 2018 第1回東京国際教育祭のなかで、

お金のワークショップを開催しましたが、

たくさんのお宝をいただきました。

 

お宝とは、参加してくださった方からのアンケートのことです。

 

中学生・高校生からいただいたアンケートの一部をご紹介します。

 

☆売上から営業日数や客単価をどれくらいにすればいいのかなどを

考えると、宣伝方法が思いついたり、改善方法が思いついたりした。

(中学1年生)

 

☆「もし自分だったら」と、自分に置き換えて考えてみることで、

お金が身近に感じられ、考えやすかった。

(中学3年生)

 

☆実際に計算することで、経営するうえで、何を考えればよいかが、よくわかった。

会計と家計の関係がよく分かった。

(中学生)

 

☆お金のブロックパズルの逆算で、

お店の客数や客単価を考えていくのが、楽しかったです。

会計の人件費と家計の収入が同じと聞いて、

「なるほど」と思った。

(中学3年生)

 

☆収入と人件費を繋げるという考えに共感した。

お金を通し、人生を考えるというアイデアは、面白いと思った。

(高校1年生)

 

☆自分の好きな職業を考えること。

想像が広がった。

(高校1年生)

 

そして、共通して多かった意見が、

 

・将来どんな生き方をしたいのか、これからも考えていきたい

・こどもの時から、お金について、学べる場があるといい

・将来、自分の好きなことをして、必要なお金がある人生を送りたい

 

素敵なお宝を送っていただきまして、本当に、どうもありがとうございます^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください