現金が消えた国?

現金を使わない「キャッシュレス」が最も進んだ国と言われるが、
北欧のスウェーデンです。

「現金おことわり」のお店や、
現金の取り扱いをしない銀行もあり、
「スウィッシュ」と呼ばれるスマホを使った決済サービスが進んでいるそうです。

みずほフィナンシャルグループの試算では、
日本国内で、現金管理・ATM運営コストや、現金取扱人件費で、
約8兆円のコストが発生していて、

「キャッシュレス」になれば、このコストが削減できるかもしれません。

スウェーデンでは、一方で、
キャッシュレスに反対する「キャッシュの反乱」という動きもあり、

「キャッシュレス」がいいのか、「キャッシュ」がいいのか、
日本でもいずれ本格的な議論になる日が来るかも知れません。

みなさんは、どちら派でしょうか!

https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0220.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください