「間」に入る

税理士やキャッシュフローコーチの仕事をしていると、
社長(親)と後継者(子)、
社長と社員の間に入り、

こどものお金の学校では、
親と子の間に入り、

会話を進めています!

 

学生の頃は、
ともだちと、その彼女の間に入って、
よく仲裁もしました(笑)

 

特に意識的にしているわけではなく、
気が付くと、間に入って、
話を繋げたり、話を聞いたり、
そういうことをしていますね!

多分、そういうことが、好きなんでしょうね^^

本来は、当人同士でできるのが一番いいと思いますが、
なかなか、難しいのも現実です。

 

特に、親子同士だけで、本音で話すのは難しかったりします。

そこに、第三者が入ることで、
普段しずらい話もできて、
家族のコミュニケーションの役に立つのであれば、

 

僕は喜んでその場にいたいなと思います。

でも、僕は、あくまで、
話を聞いたり、
話を繋いだり、
話を翻訳したり、
するだけです。

どうしたいのか、どうしていきたいのかは、
本人たちが話しあって決めていくことが大切です。

 

本人たちだけでは、どうにも、話し合いが進まない場合もあります。
その時は、是非、第3者の力を借りてください。

 

人の力を借りることは、恥ずかしいことでも何でもありません。

 

何もしないで、時間だけ経ってしまうことの方が、
一度きりの人生ですので、もったいないように感じますね☆

 

※こどものお金の学校、5/13・5/19に
体験セミナー開催します♪

https://lifeworkpress.jp/taikenseminor/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください