お金があっても倒産する?

倒産とは、

ざっくり言うと、

お金が払えなくなってしまうこと、

です。

 

赤字の場合はもちろん、
黒字でも倒産する場合があります。

「勘定あって、銭足らず」の場合です。

会計上は利益が出ているのに、お金がない状態のことです。

 

売掛金が多い、在庫が多い、借金が多い、
これらの場合は、

会社にお金がない、または、返済が多いので、
利益が出ていても、お金がなくなります。

 

 

では、お金があっても倒産するのは、
どういう場合でしょうか?

お金はあるので、法的には、倒産しません。

しかし、実質的に、会社の財産を失ってしまう可能性があります。

 

具体的にいうと、

お金が必要なところに廻っていないと、
お金は残っているけれど、
必要な人やものなど、大切な財産がなくなってしまうかもしれません。

本当は、もっと社員に給料を増やした方がいいところを、
お金を貯めることだけしていて、
社員にお金を廻していかないと、
せっかくの優秀な社員も辞めていってしまいます。

 

からだで例えると、
ごはんをたくさん食べて、排泄せずに、体に残っている状態は、
決して健康とは言えませんよね。

排泄しながら、必要なところに流して、
体のなかを循環しながら、残していくことが、
健康体と言えると思います。

 

お金も同じですね。

ただ、貯め込むのは健康ではなく、

必要なところにお金を使って、
お金を循環していくこと、

それが、お金にとっても健康な状態だと思います。

 

もちろん、

お金をいくらまで使って、
いくらまで残していくか、

ということは考える必要はあります。

 

 

みなさんは、お金の健康体になっていますか?

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください