親から子へ

クライアントさんの多くもそうだし、
僕自身も、親の事業を引き継ぐタイミングにきています。

 

この時に大切なのは、言うまでもなく、
「コミュニケーション」です。

 

 

うまくいってるのは、

 

こどもが今後どうしていきたいかを伝え、
親がその考えをきちんと聞いたうえで、
話し合いをしているケースです。

 

なので、こどもがきちんと伝えなかったり、
親が聞く耳を持たない場合は、
話し合いになっていきません。

 

コミュニケーションが取りずらい場合は、
第3者である、顧問税理士・会計士や、
信頼できる人に入ってもらうことをお勧めします。

 

後悔のない事業承継にしていきたいですね☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください