~のために行うことをやめる

ニーチェは「ツァラトゥストラはかく語りき」のなかで、
こう言っています。

 

『どれほど良いことに見えても「~のために」行うことは、
卑しく貪欲なことだ。
純粋に能動的な愛から行われる時は
「~のために」という言葉も考えも出てくることはない』

 

僕もいままで「~のために」と言ってしまったことがあるけれど、
純粋に自分がしたいことをして、
結果として誰かのためになるなら、
いいのではないかなと思っています^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください