麒麟がくる

2020年の大河ドラマは、明智光秀が主人公。

 

知った時はビックリしました!

 

だって、歴史の教科書やテレビでいつも、
本能寺の変を起こした裏切者や卑怯者として描かれていたから。

 

僕もずっとそういうイメージを持っていました。

 

調べたら、従来の光秀像は、あくまで信長や家康側からの見方だそうです。

 

権力を握っている人、偉い人の声って、そのまま信用してしまいがちですよね。

 


「本当はどうなんだろう?」

 

と自分で調べ考えてみる、

 

麒麟がくるは、
そういうことが大切な時代に来ていることを
伝えてくれているように感じます☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください