数字をひとりぼっちにするのは絶対ダメ

目の前の数字が一番重要という思い込みが、
ファクトフルネスのひとつ、過大視本能です。

 

数字をひとつだけ見て、
大きい・小さいと勘違いしてしまうこと。

 

数字を比較したり、割合でみたりすることが大事で、
数字をひとりぼっちにするのは絶対ダメと書かれています。

 

コロナもそう、国債もそう。

 

特に、国債については、1,000兆円という数字だけをみて
『大変だ、財政破綻する』という人がいます。
本当にそうでしょうか?

 


いろいろな視点からみることで、数字の意味は大きく変わってきますね☆

 

※夏休み企画➀(7/31・8/4開催)『そのお金の常識ってホント?』
【こども向け】オンライン開催します♪
       ↓       
https://lifeworkpress.jp/moneycriticalthinking/

ファクトフルネス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください