GDPマイナス27.8%

4~6月期の実質GDP、
年率換算で27.8%のマイナス。

 

リーマンショックのマイナス17.8%を大きく上回る、
戦後最大のマイナスです。

 

GDPには、
生産と支出と所得の3つが同じになるという原則があり、
所得には、賃金が含まれています。

 

つまり、
GDPのマイナスは、
自分たちの賃金のマイナスに繋がっていくということです。

 

給料が下がることを前提に、
どうやって生きていくかを考えることが大事になってきます☆

 

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HSS_X10C20A8000000/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください