愛かお金か!!

少し前のことですが、
「ファーストラブ」
という映画を見てきました。

 

 

こどもの時に受けた
衝撃的な出来事が、
将来のある時に蘇り、

 

それが引き金となって、
事件が起こる
というストーリーです。

 

親子の愛、
人と人との愛、
愛って何だろう?
と思いました。

 

公認心理士役の
北川景子さんが、

 

『日々感じたこと、考えたこと、
 正直に言葉にしてみましょう』

 

と、クライアントに語るシーンがありました。

 

感じたこと、考えたことを
心に押し込めて
言葉にできずにいる

 

感じたこと、考えたことを
伝えても、
誰も耳を傾けてくれない

 

そしていつしか、
仕方がないとあきらめていく

 

こんな経験ありませんか。

 

誰にも言えない、
誰も聞いてくれない、
これはとっても辛いことですよね。

 

誰かと話していて、
腹が立って喧嘩になったり、
あきれて口もききたくなくなったり、
そんなこともあるでしょう。

 

それでも、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  正直に言葉にできて
  聞いてくれる人がいる
  それだけで愛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

だと思うのです。

 

僕はお金の学校のなかで、
一番大切にしていることが、

 

『安心安全な場づくり』

 

です。

 

安心安全な場とは、

『感じたこと、考えたことを、
 正直に言葉で伝え、
 それをきちんと聞ける場』

のことです。

 

お金の教育と安心安全な場って、
一見、何の関係もないように見えますが、

 

お金の教育の目的は、
お金持ちになることではありません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   お金の教育の本質は、

   『自分を生きること』

    『家族の幸せ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

にあると思っています。

 

自分が自分自身と、
自分と家族が、
心で繋がっていることが大切です。

 

そのために、

『感じたこと、考えたことを、
 正直に言葉で伝え、
 それをきちんと聞ける場』

が必要なのです。

 

自分が自分と繋がり、
自分と家族が繋がっていれば、

 

いずれ、
自分の人生を歩んでいける
と思います。

 

家族で支え合いながら、
みんながそれぞれ、
自分の人生を歩んでいくことが、

 

家族の幸せに繋がっていく
と思っています。

 

人は、本当は、
お金が欲しいのではなく、
愛が欲しいのだと思います。

 

愛があれば、
お金持ちにはなれなくても、
自分に家族に
必要なお金はついてくるはずです!

 

まずは、家庭のなかで、
安心安全な場を意識してみませんか^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください