保護者の学校を作りたい(共催の蓑田雅之さん)

『7/30(日)東京サドベリースクールの元保護者と一緒に考える「横並びの親子関係とは?』

共催の蓑田雅之さんのメッセージです!

答えのない親子関係について、親としてみんなで考え学びあえる「保護者の学校」、

すごくいいと思うんです^^

興味のある方は、是非お読みください☆

 

【保護者の学校を作りたい】

 7月30日(日)、13時半より、東京サドベリースクールで、

わたくし蓑田と、東京サドベリースクール準スタッフの渡辺剛徳さんとで、

「親子の対等な関係」について考える会を開きます。 

 息子がサドベリー教育の学校に通い、いろいろ気づき、思ったことがあります。

その中で最も大切だと思うのは、「親も学び、考えるべきだ」ということです。

 自分がなぜ親になったのか、親とは何か、

なぜ子どもをしつけなければならないのか、

子どもはなぜ学校に通い勉強しなければならないのか、など。

「当たり前のこと」としてスルーしてきたことに目を向け、

学び、考えることが大切だと思うのです。

 こういった問題はすべて難しく、簡単に結論は出ません。

ただ、人生の問いにもともと正解はなく、こうした難問に挑み、

考えることにこそ親としての真価があるのではないでしょうか。

そして、子どものことを真剣に考える、この行為こそが、

親子関係にいい効果をもたらすものと私は信じています。

将来的には親としてみんなで学びあえる「保護者の学校」を作りたいと考えています。

今回、東京サドベリースクールで開くイベントが、その第一歩になればいいなと思っています。

私たちと一緒に「親子関係」について学び、考えてみませんか。

申し込みは渡辺剛徳さんのブログの方からお願いします。

https://lifeworkpress.jp/20170730oyakokankei/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください