聴くということ➀(僕の原点)

僕が好きなことで、しかも得意なこと(と人によく言われる)が、「聴く」ことです。

思い起こすと、小学生の頃に、よく長電話をして、当時は携帯がなかったので、親に怒られていました^^;その電話もほとんどは聞き役でした。この頃から、人の話を聴くことが好きでした。

よく考えてみたら、こどもの時から今まで、僕がやってきたこと、興味があることは、すべて「聴く」ということが原点にあったように思います。

税理士の時は経営者の声を聴き、サドベリーではこどもたちの声と自分の声を聴き、養生園ではおとなの声と自分の体の声を聴く、すべて聴くということで繋がっています。

時々人から、いろんなことやってるんですね~と言われることがありますが、僕の中では、違う感覚はなくて、相手が違うだけで、やっていることは同じなんですよね。相手が違っても、スタンスは同じ(つもり)なんです。相手が、社長でも、こどもでも、変わりません。

基本的なスタンスは、一人の人として、一人の大切なともだちとして、話を聴くということです。

次回は、僕が聴く時に大切にしていることを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください