全力でやる、そして次へ

戸塚隆将さんの「イチから学ぶ圧倒的な成果の上げ方」のセミナーからの学び

第3回目は、ロバート・デニーロさんです。

どんな役でも完璧にやられてしまうイメージがある俳優の、ロバート・デニーロさん、

「役をもらえなかったら、次のオーディションを受けなさい」

ニューヨークにあるティッシュ・スクールで役者を目指す卒業生に向けてのスピーチだそうです。

役者を目指す人にとって、これからは、拒否の連続の人生になる、

オーディションで拒否されるのは当然、それは自分の能力だけではない、

だから拒否されても悩んでいる場合じゃない、全力でオーディションをやれ!

そして、次へ!

最初にこの言葉を聞いた時に、涙が出そうになりました。

厳しいことを言っているようだけれど、なんて温かい言葉なんだろうと。

役者に限らず、自分の思い通りにいかないことの方が人生は多いですよね。

でも、それは、自分の能力だけの問題ではありません。

全力でやる、だめなら、次へ!

この繰り返しが人生そのものではないかと思います☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください