常識の破壊(行動経済学)

昨年のノーベル経済学賞を受賞された人を、

ご存知でしょうか?

シカゴ大学大学院の教授の「リチャード・セイラー」さんという方です。

 

セイラーさんが研究した分野が、

「行動経済学」というものです。

 

従来の経済学では、

「人は合理的で自己利益を考えて選択する」

と言われていましたが、

 

行動経済学では、

「人は往々にして合理的とは言えない選択をする」

ということを唱えました。

 

つまり、従来の経済学で言われていた常識を破壊しました。

なので、経済学者は長年、てきがい心を抱いてきたそうです。

 

行動経済学とは、経済を心理学的な視点から研究したもので、

人の感情や、他人との比較、などが、

経済にも影響を与えるというものです。

 

例えば、

「なんでこんなの買ってしまったのだろうか」

 

「今食べたら太ってしまうとわかっているのに、

どうして食べてしまったのだろうか」

 

こういったことありませんか?

 

あるある~、と思った方は多いでしょう(笑)

 

合理的に考えたらしないことなのに、

人は非合理な行動をしてしまうものですよね。

 

ちなみに、行動経済学は今に始まった研究ではなく、

1990年代から始められて、

2002年には、ダニエル・カーネマン氏が、

すでにノーベル経済学賞を受賞しています。

 

それが、今この時期に、再度注目されて、

ノーベル経済学賞を受賞したことになります。

 

行動経済学の考えや研究がとても面白くて、

10冊くらい本を読んでいます。

おもしろい実験やゲーム、対策方法など、

改めて、書きたいと思います!

 

人は不合理な生き物であるからこそおもしろいし、

だから、画一的なものに当てはめるのでなく、

 

話し合って、考えながら、

ひとりひとりにとっての幸せな生き方を、

選んでいくことが大切なのではないでしょうか☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください