常識の破壊(西郷どん)

政治の分野で、常識の破壊というと、

今年の大河ドラマにもなっています、

「西郷どん」こと「西郷隆盛さん」

を真っ先に思い出します。

 

常識の破壊は、なんと言っても、

「明治維新」を行ったことです。

 

徳川幕府は、260年続いていました。

おそらくですが、徳川幕府がなくなるということ、

そして、薩摩と長州が新しい世の中のしくみをつくると

いうことは、ほとんどの人が想像していなかったのではないか、

と思います。

 

世の中は徳川幕府であることが常識で、幕府がなくなることなどありえないと。

 

この明治維新の時ほど、世の中を真剣に考えた人が現れた時代はないように感じます。

幕府側の人も、薩長側の人も、みんなが自分の信じた道を歩んでいました。

しかも、その道は、私利私欲ではなく、国の未来のことを考えてです。

 

これほどの大きな時代変革があったにも関わらず、死傷者が少なかったのは、

世界史上でも、稀だそうです。

 

西郷さんを中心に明治維新が成し遂げられました。

世の中を変えていく時には、常識の破壊をしていく

必要があります。

 

変えていくことが、いいことなのかどうかは、わかりません。

変えないということも、勇気だからです。

 

どちらを選んだとしても、その評価は、何十年、何百年たってから、

その時代に生きる人々がするものだと思います。

 

なので、変えるにしても、変えないにしても、

今後世の中がどうなるかは誰にもわからないので、

その時の評価を怖れず、

自分が信じた道を歩いていくしかないと思うのです。

 

そして、そこには、どう生きたいのかという、

どういう世の中にしたいのか、という、

将来ビジョンと、それを達成するという、

強い意思と、行動力が必要です。

 

これは、政治だけでなく、自分の人生にも当てはまると思います。

自分は何をしたいのか、どんな人生を送りたいのか、それを考え、

達成したいという意思と行動力が必要になります。

 

西郷さんからは、まさにそのことを学ぶことができます☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください