常識の破壊(お金の教育)

教育の常識、お金の常識と言えば、

「こどもにお金の教育をしない」

ということではないでしょうか。

 

学校の授業にもありません、

家庭でもお金の話をしているところは少ないでしょう。

本当にそれでいいのでしょうか?

 

こどもたちに聞くと、お金に対しての何らかの価値観を持っています。

しかも、その多くは、「怖いもの、難しいもの、めんどくさいもの」

など、ネガティブな価値観です。

 

多くの場合、親からの影響が大きいと思うのですが、

問題だと感じるのは、親から影響を受けることではなく、

普段からお金のことについて、話したり考えたりする機会がないので、

心に中に閉まったままで、大人になるまで表面化しないことです。

 

もし、こどもがけんかをした場合、

学校でも、家庭でも、そのことについて、こどもと話をするはずです。

「どうして、そうしてしまったの?」

と、そんな話をすることで、こども自身が、

けんかについて、自分で考え、整理し、学んでいきます。

 

お金についても、同じように、

お金に関する出来事について、

「どう思ったの?」とか「どう感じたの?」

と話し合うことで、

お金についての考えや気持ちを表面化し、

自分で整理し、学んでいけると思うのです。

 

推測ではありますが

これを、表面化しないで、

自分の心のなかでずっと潜在化させてしまうので、

 

大人になって気づいた時には、ある価値観ができあがっていて、

「自分でもどうしてこんな価値観を持っているのかわからない・・」

そういう状態になってしまうのではないかなと。

 

これが「お金のメンタルブロック」を生んでしまう、

ひとつの要因ではないかなと思うのです。

 

大人になって「お金のメンタルブロック」がない人は

ほとんどいないと思いますし、多くの人がそのことで悩み、

外すために多くのエネルギーを使っています。

 

なんでもそうですが、ある程度出来上がってしまったものを

作り変えることはとても大変です。

 

10年かけて作り上げてきたものを変えるには、

10年はかかると思っています。

 

だからこそ、こどもの時から、お金のことについて蓋をせず、

オープンに話したり考えたりする機会が大切ではないかと思うのです☆

 

 

※親向けファーストステップセミナー

「お金の教育で大切な3つのこと」開催中です♪

( https://lifeworkpress.jp/firstseminor/ 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください