積み重ねてきたことは絶対に裏切らない

YouTubeを見ていたら、

落合博満さん(元プロ野球選手、3度の3冠王)と

ねじめ正一さんが対談した放送シーンがありました。

落合さんが、おそらく、引退して間もないころと思われます。

 

ねじめさんが、落合さんに、

 

「落合さんは、俺流を貫いてきたけれど、

それは、みんながみんな貫けるわけじゃなくて、

落合さんの才能なのかなという気もするんだけど、

才能とかそういう問題ですか?」

 

と聞きます。

 

それに対して、落合さんはこう答えていました。

「いや、才能じゃないと思う。

      (略)

俺だけバット振った奴はいないと思う。

王さんは俺以上に振ってると思うよ。

      (略)

人が100回振ったら、俺は200回振る

人が500回振ったら、俺は1,000回振る

 

こうやって積み重ねてきたことは、絶対に裏切らない、

必ずどっかで身についていると思う。

 

だからまずはバットを振る。

 

人は言われたとおりに振る、

俺は自分の体形からして、どうしたら自分にあうだろうかと、

先に体を動かすんじゃなくて、

頭で考えて、頭で結論を出して、振ってみようと。

 

よかったのは、ロッテは注目されなかったので、

誰にもじゃまされずにできた。

 

やったことはプラスになっても、マイナスになることはない。

 

まずは、頭で考えて、体で行動して、人の3倍も4倍もやったら、

必ず花開くから、己を信じて、やりなさいとしか言えない。

 

もし結果が出なかったら、何かが足りないんだなと、

 

それを自分で考えて補ってまたやっていく、

 

絶対やったことは裏切らない。」

 

 

また、別のテレビ番組では、

以下のようなことを言っていました。

 

「天才なんていない。

生まれてきた時に、みんな何かしらの、

天分、才能は持って来ているはず。

 

それを自分で見つけられるかどうか。

 

見つけたら、それに時間を費やす、努力することだと思う。

 

何をやっても時間の無駄というものはないと思う。

必ず何かしら得るものはあると思う。

 

それで失敗しても、自分に跳ね返ってくるものってあるはずなんだよね。」

 

 

自分の天分を活かして、考えながら努力していくこと、

いつの時代でも大切なことだと思います。

 

素晴らしい言葉をありがとうございます☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください