前例がないことにチャレンジしよう♪

いよいよプロ野球がキャンプインしましたね。

今年から、大リーグのエンゼルスに移籍した、

大谷選手も、アメリカでのキャンプが始まりました。

いったいどれくらい活躍するのか、楽しみですね~♪

 

大谷選手といえば、二刀流ですね。

日本のプロ野球の歴史80年のなかでも、

本格的な二刀流は前例がありませんでした。

 

大谷選手は前例がないことにチャレンジしました。

 

そして、メジャーリーグの歴史150年のなかで、

二刀流と言うと、あの有名な、ベーブ・ルースです。

ベーブ・ルース以外はほとんど見当たりません。

 

それでも、ベーブ・ルースが二刀流をしていた期間は、

3年くらいで、その後は、バッター一本に専念しています。

 

それくらい、日本はおろか、アメリカでも、前例がないことに、

大谷選手はチャレンジしようとしています。

 

何でもそうですが、結果はやってみないとわかりませんよね。

でも、可能性がある限り、挑戦してみるということが大切であって、

自分で自分の可能性を制限する必要なんて、どこにもないと思います。

 

おそらく、日本でもアメリカでも、可能性のある人は、

今後、二刀流にチェレンジする人が増えてくると思います。

 

それは、二刀流という前例ができたからです。

 

この世の中にあるものすべて、最初は前例がありません。

今や誰もが当たり前のように使っているスマホも、

僕がこどもの頃は、固定電話しかなく、

みんなが持つ時代になるとは、全く想像していませんでした。

 

それもこれも、誰かが、今までにない前例を作ってくれたからです。

 

前例のないことにチェレンジすることは、

自分だけのチェレンジにとどまらず、

社会全体を大きく変えていくことに繋がっていきます。

 

誰もやっていないことをすることは、

お手本や事例がありませんので、

すべて自分で考えていかないといけません。

 

とっても大変ですし、とっても苦しいですが、

一方で、

とっても楽しくて、とってもやりがいがあります♪

 

大谷選手があるインタビューで、

誰も歩んだことのない道にチェレンジすることについて、

「自分がどうなっていくのかを見てみたい、自分に期待している」

と答えていました。

 

そして、前例がないことにチャレンジする時に、

もうひとつ大切なことがあります。

それは、周りの人の協力です。

 

大谷選手が二刀流ができたのは、

球団と栗山監督の協力・サポートがあったからです。

エンゼルスも、球団と監督の全面的なサポートを伝えていますね。

 

こどもたちが、前例がないことにチャレンジする時には、

必ず親の協力・サポートが必要です。

 

サポートのかたちはいろいろあると思います。

一番のサポートは、こどもを信頼して、見守ってあげることかもしれませんね☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください