ベーブルースの再来

大リーグ大谷選手の活躍が凄いですね!

打っては、3試合連続ホームラン、

投げては、7回1安打12奪三線(7回途中まで完全試合)

です。

オープン戦では成績がよくなかったので、

アメリカのメディアからは、
高校生レベルとか、マイナーから始めるべきと、
酷評されていました。

 

それが一転、絶賛の嵐で、
ベーブルースの再来とまで言われています。

プロ野球は結果の世界ではありますが、
結果が出れば称賛され、出なければ酷評される、

評価とはわかりやすい一方で、
とても曖昧なものだなと思います。

 

僕は、誰もやったことがない二刀流に挑戦し、
自分のやりたいことに挑戦している、
大谷選手を応援しています!

 

 

僕が思う大谷選手のすごさを3点お伝えします。

 

1つめは、「修正能力の高さ」です。

 

バッティングにおいて、オープン戦の中盤くらいまで、
日本にいる時と同じフォームで打っていました。

なかなかヒットが出ない日が続き、思い切った決断をします。

バッティングフォームを変えたのです。

これまで足を上げていたものを、上げないノーステップ打法に
変えました。

専門家の話では、フォームを変えるのは、
とても勇気がいることで、簡単に身につくものではない、
ということです。

それでも、大リーグでヒットを打つには、
ノーステップ打法が必要と考え、
変えることを選択しました。

ここには、大谷選手の、「変える勇気」と、
「高度な分析力」があると思います。

 

2つめは、周りの意見に振り回されない「客観性・冷静さ」です。

 

大谷選手のインタビューを聞いていると、

「~だと思います」と、

 

自分のことを、もう一人の自分が遠目で見ながら、
話しているように感じることがあります。

調子がいい時は出来ても、調子が悪くなって、
周りやメディアから、批判されるようになってくると、
客観的に自分を見るということは、
とても難しかったりします。

どうしても、感情的になってしまいがちですよね。

オープン戦で成績が悪かった時でも、
インタビューでは、
いつもと変わらず同じ口調で話していました。

周りの評価に流されず、
自分を見失わず、

「世界一のプロ野球選手になりたい」という、

 

自分の目標に向かって、
ただ歩み続ける姿勢が素晴らしいなと思います。

 

 

3つめは、「お金を第一にせず、やりたいことを優先している」からです。

 

大谷選手の契約金は約2億6000万円、
年俸は、メジャー最低額の6100万円です。

この金額自体、一般の人からみたら、もちろんすごい金額ではありますが、

田中マー君がヤンキースに入った時には、
7年総額 約173億円の大型契約をしています。

 

実は、メジャーリーグの契約システムが変更になったため、
大谷選手は年齢的に、大型契約ができなくなって、

あと2年待てば、
マー君以上の、大型契約ができたとも言われています。

しかし、2年待たずに、
今、やりたいことを優先して、メジャーリーグに行きました。

契約社会のアメリカでは、この決断自体が、驚きだったそうです。

大谷選手は、報道で見た限りですが、
ほとんどお金は使わないそうです。

つまり、大谷選手にとって、
必要なお金は十分に満たしている、
ということなんだと思います。

今、自分がやりたい、自分の好きなことをして、
それをするために、自分にとって必要なお金がある、

という状態なんだと思います♪

 

まさに、「こどものお金の学校」で、

将来目指しているゴールそのものです。

 

お金の大きさは関係ありません。

大谷選手を目指しましょうとも言いません。

 

「自分を生きてください」

 

「自分の好きなことをして、

必要なお金がある人生を送りましょう♪」

 

これから、調子がいい時も、悪い時もあると思います。

どちらの時でも、引き続き、応援していきたいですし、

大谷選手からたくさん学んでいきたいと思います☆

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください