トライアングル戦略

普段は、税理士とキャッシュフローコーチとして、
会社の経営コンサルティングをしています。

儲けが出ている会社には、共通したものがあるな~と思い、
それを書こうと思います。

名付けて「トライアングル戦略」です!

トライアングル、つまり、三角形ですので、
3つのポジションの連携が大切になります。

 

もちろん、会社運営においては、
すべてのポジションが大事なことは、言うまでもないのですが、
特に、儲けを出すための大切なポジションです。

 

まず、1つめですが、経理です。

経理の役割としては、会社のお金の流れを「見える化」することです。

僕の場合は、現状のお金の流れを、
「お金のブロックパズル」を使って見える化していきます。

見える化したうえで、この先、1年間のキャッシュフローの予測をつくります。

そして、次は、理想とするお金の流れを、
「お金のブロックパズル」を見える化していきます。

そうすると、現状と理想のお金のブロックパズルが出来て、
そこに、ギャップが生まれます。

そのギャップを埋めるためには、どうしたらいいのか?という話になり、
多くの場合、売上を上げる必要が出てきますので、
いくら売上を上げて、そのためには、客数を上げるのか、単価を上げるのか、
などの方向性がきまったら、次のポジションにバトンタッチします。

 

2つめは、企画・広報です。

いくら売上を上げて、そのためには、客数を上げるのか、単価を上げるのか、
などの方向性をもとに、
企画・広報が、具体的に、いろいろなアイデアを考えていきます。

考えたアイデアを、商品化していきますが、
いかに、お客さんが欲しいと思う商品を作れるかがポイントです。
そのためには、マーケティングの要素が必要になります。

そして、それを、広報していく必要があります。
HP、メルマガ、FB、雑誌など、どの媒体に広報するかも大切です。

このように、商品ができて、広報もできたら、最後のポジションにバトンタッチします。

 

3つめは、営業です。

企画した商品を、実際に実現していく人が必要です。
それが、営業など、現場でお客さんと直接対応する人になります。

いくら、いい商品があっても、現場で対応する人、現場で実行する人、
がいなければ、絵に描いた餅で終わってしまいます。

 

 

このように、お金を見える化して、アイデアを考えて、それを実行する、
この一連の流れがとても大切です。
どれひとつとして、欠くことはできません。

儲かっている会社の多くは、この流れができているように感じます!

 

僕が関わらせていただく場合は、

経理の部分は、全面的にサポートし、
企画の部分も、アイデア出しをしたりします。
営業の部分だけはできないので、
ここは、会社の人に頑張ってもらうしかないのです。

 

みなさんの会社はいかがでしょうか♪

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください