百匹目の猿現象

船井幸雄さんが、生前、お話してしていたのが、

「百匹目の猿現象」

 

です。

 

メスの若い猿が1匹、川の水で芋を洗って食べたところ、

きれいに泥がとれて、食べやすくなり、それを、

周りの猿がどんどん真似をし始めたそうです。

 

その数が100匹になったところで、

遠く離れた地域に住む猿が、

同じように、水で芋を洗って食べるようになったとのこと。

 

 

この現象は、

 

「誰かがどこかでよいことをして、それをする人の数が一定数を超えると、

時間と空間を飛び越えて、他の場所にいる同類に伝わる」

 

というものです。

 

 

最初は一人から始まるものであっても、

一定数を超えてくると、

必要としている人に伝わる、

 

 

一定数を超えるまでが大変で、

孤独や辛抱との闘いですが、

 

どうか、そこまで、頑張って欲しいなと思います☆

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください