ただ、野球が上手くなりたい

大リーグ、シアトルマリナーズ、イチロー選手が、
球団の会長付特別アドバイザーに就任することになりました。

今季は試合には出ないけれど、引退ではないとのこと。

来期に出場できる可能性は残っているそうです。

会見の様子をテレビで見ましたが、

3月に再度入団した時の、するどい眼光とは変わって、
とっても穏やかな目をしていたことが印象的でした。

 

会見の中で、

「この2ヶ月間は、18年のメジャーリーグの生活のなかで、
もっとも幸せな時間であったと思います。」

 

「この大好きなチーム、チームメイトが、
 このかたちを望んでいるのであれば、
 彼らの助けになるのであれば、喜んで受けたい」

 

「契約してからの毎日がとにかくハッピーで、毎日がギフトを
与えてもらっているようだった。」

 

 

「僕は、なんていったらいいんだろう・・野球の研究者でいたい、
今44歳のアスリートとして、今後どうなるかを見てみたい。
試合に出ていなくても、毎日鍛錬することで、自分がどうなるのかと
いうことを見てみたい、という興味が大きい」

 

 

「喪失感見たいなものは、実はない」

 

 

「こんな形(引退でなく、来期に出場できる可能性が残っている)を
 とってくれたことは、信じられないこと」

 

など、話していました。

 

 

昔、イチロー選手が、あるインタビューに答えていたことを思い出しました。

 

 

「僕は、ただ、野球が上手くなりたいだけ」

 

 

イチロー選手の、原点は、ここにあるような気がしています。

そこには、エゴもなにもありません。

 

 

ただ、好きなことをしたい、

 

ただ、そうしたいだけ。

 

そう考えると、今回の決断も納得できるような気がします。

 

 

人によって、したいことは様々です。

 

 

ただ絵を描きたい、

ただ料理をしたい、

ただ話を聞きたい、

などなど・・

 

 

自分の中にある、

ただ~したいという気持ち、ありますか?

 

その気持ちを、大切にしていますか?

 

 

こどものお金の学校のなかでも、

 

「ただ~したい」

 

一人ひとりの、そういう気持ちを大切にしながら、

生き方とお金について、

考える時間にしたいと思っています。

 

 

※5/12・19に体験セミナー開催します♪

https://lifeworkpress.jp/taikenseminor/

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください