ローカリゼーション

今、世界の経済は、グローバリゼーションが過度に進みすぎて、
グローバル疲れとも言われているそうです。

 

その結果、貧富の差、心の病、自然破壊による気候変動、
アイデンティティの喪失などが発生する、
ひとつの要因になっていると思います。

 

それに対して、映画「幸せの経済学」の中で提唱されているのが、
「ローカリゼーション」です。

 

保護貿易をしたり、国際協力や交流をなくすというものではなくて、
経済活動の規模を縮小して、自分たちの地域でできるものは、
自分たちで生産していこうというものです。

 

すべてをそうしていくことは難しいですが、
自立した、持続可能な地域や社会を作っていくという視点も、
必要ではないかと思うのです☆

 

 

※9/16(日)「しあわせの森シアター」第4回映画上映会「幸せの経済学」
+お金のミニワークショップ開催♪
https://lifeworkpress.jp/economicshappiness/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください