民主主義とは正直であること

10年くらい前、
ボストンのサドベリーの卒業生に、
「民主主義って何?」と聞いたら、
「正直であること」という答えが返ってきました。

 

その言葉がずっと心に残っていました。

 

消費税を10%に上げるのは、社会保障のためといいます。
5から8%に上げる時にも同じことを言って、
実際に社会保障に使われたのは2割、残り8割は借金の返済でした。

 

消費税を10%に上げるのは、国が財政破綻しないようにといいます。
1000兆円の借金は、政府の借金です。
国民の借金ではありません。
国債の約半分は、子会社の日銀が持っています。

 


正直でなければ1票が正当に使えない、
そういう意味もあるのかなと感じています。

 

正直な政党に1票を入れたいです☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください