累進消費税説

消費税の問題の一つは、逆進性であることです。

 

所得税は、累進税率といって、
稼ぎの多い人には高い税率を、少ない人には低い税率が適用されます。

 

しかし、消費税は、お金持ちも、そうでない人も、同じ税率。

 

お金持ちは得をし、そうでない人は損をします。

 

「幸せとお金の経済学」という本のなかで、
累進消費税説が説明されています。

 

消費税も、
稼ぎの多い人には高い税率を、少ない人には低い税率を適用したらどうかと。

こどもがいる人には控除をつけて。

 

興味がある方は、読んでみてくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください