自然は大切なことを教えてくれる

老子は、
「無為自然」
が大切であるといいます。

 

無為自然とは、
作為的なことは何もしない、
ありのままの状態のこといい

 

例えば、天地自然の働きのようなものです。

 

焚き火をしていると、
まさにそのことに気づきます。

 

早く大きく燃えるように、
風をたくさん注ぎ込むと、
薪が直ぐに燃えてなくなってしまいます。

 

そぉ~と優しく風を注ぎ込むと、
少しづつ、じわっと火が増えて、
いつまでも長く燃えていきます。

 

強く、大きな風は必要なんですね。

 

 

必要な時に、ちょっとだけ、
風を注ぎ込んであげるだけで
十分なんです。

 

 

自然は大切なことを、
たくさん教えてくれます^^

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください