文化的実践

佐伯胖先生の講座のシェア、最終回です。

佐伯先生は「文化的実践」という言葉をよく用います。
『文化的実践とは、日常の感覚のことで、「そりゃそうだよね」「あっ本当だ」という感覚を、
実感できるもの、実践できるもの』であると。

佐伯先生が書かれた本『「わかる」ということの意味』のなかで、
アメリカの大学院で過ごした時に、これまでの学問研究が全く通用せず、
「本当は何だ?」「真理はどこにある?」という問いを徹底的に自分自身で問い続けないと
認めてもらえなかったそうです。

その結果、「本当だ」ということを真に納得することの大切さを身にしみてわかり、
学問は、
「本当だとされていることを学ぶことではなく、
自分で本気で何が本当なのかと問うこと、問い続けることだと気づいた」
と書かれています。

※9/2(土)に午前はお金について、午後は親子関係についての講座を開催しますが、
本質的なテーマは「自分で考えること」「何が本当かを問い続けること」です。
それを、ひとりで考えるよりも、参加者同士で考えてみることで、
より多くの学びや気づきに繋がるのではないかなと思っています!
ご興味のある方はお待ちしていますね^^

午前のお金の講座(あと3名です)
https://lifeworkpress.jp/20170902okanekouza/
午後の親子関係の講座(あと4名です)
https://lifeworkpress.jp/20170902oyakouza/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください