自分で考える~野村克也さんから学ぶ~

野村克也さんは、監督として特にヤクルト時代に、

当時万年Bクラスだったチームを日本一にした、名監督の一人です。

監督時代に選手に求めたものが

「考える習慣を身に着ける」

ことでした。

最初のミーティングで質問したことは

「人間は何のために生まれてくるのか?」

ほとんどの選手は「今まで考えたことありません」という答えだったそうです。

それがわかっていないと、いくら野球の話しをしても意味がないと言っています!

これってすべてに共通していることだなと感じました。

僕の場合だったら、お金の話をいきなりしても意味がありません。

何のためにお金が必要なのか?

根本的なところを自分で考えていくことが大切だと思っています☆

※7/30(日)中学生・高校生が「自分で人生を切り開く力」
を身につける”7つの問い”講座の案内は↓をご覧ください
https://lifeworkpress.jp/2017730kouza/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください