自分で考える~落合博満さんから学ぶ~

落合さんは、選手として3冠王3回、中日の監督として8年間で4度リーグ優勝に導いた、

名選手で名監督です(こういう人は少ないです)

ねじめ正一さんとの対談のなかで、

人から言われた通りにバットを振るのではなく、

どうやったら自分に一番合うフォームができるかをずっと考えたそうです。

ロッテは当時人目に触れなかったので、じっくりできたことがよかったと。

自分の頭で考えて、体で行動して、人一倍努力したことは、

絶対に裏切らないから、自分を信じてやること。

結果が出なかったら、何かが足りないんだなとまた考えて、

補っていけばいいと言っています!

自分に合う生き方も、自分で考え行動し、

人一倍努力して自分を信頼していくことで、

作っていけるのではないかなと思うんです^^


※7/30(日)中学生・高校生が「自分で人生を切り開く力」
を身につける”7つの問い”講座開催します。
https://lifeworkpress.jp/2017730tyuukouseikouza/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください