しはさんじゅうに

佐伯胖先生の講座のシェア、PART3です。

前回「学校文化」に適応した子どもたちは、
みごとに「考えなくなる」という話を書きました。

その例として、
「4×8=32という計算で答えを出す問題をつくってください」
という課題を小学3~6年生に出した時に、
約半数が、問題を作れなかったそうです。
僕も昔、作れなかった記憶があります^^;

これって何を意味しているのでしょうか?

「しはさんじゅうに」と暗記だけしていて、
どうして4×8が32になるかの意味を「考えない思考」になってしまうので、
答えることはできても、問題は作れないということですよね。

社会に出たら「しはさんじゅうに」のように答えがでることは少ないです。
むしろ、答えのないことばかりで、
その時に、自分で答えを考えて、生きて行かなければなりません。

こどもの時から「自分で考える力」をつけることがとても大切だと思います!!

※9/2『子どもが「自分で考える力」と「お金の知識と知恵」を身につけて、将来「大好きなことで楽しくお金を稼ぐ」ために、親が知っておきたい5つのこと』を開催します♪
https://lifeworkpress.jp/20170902okanekouza/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください