「好きの搾取」されていませんか!

「逃げ恥」は、2016年にドラマ化され、大ヒットしましたね!

大ヒットした要因は、新しいパートナーシップのかたちを描き、

ムズキュンだったり、恋ダンスだったり、ガッキーの可愛さだったり、

と、いろいろな要因が組み合わさった結果だと思います。

 

僕は、なかでも、「お金とパートナーシップ」が絡んでいたからこそ、

面白かったんじゃないかなと思うのです!

 

『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』という、

白河桃子さん、是枝俊吾さんがかかれた本があって、

読んでみたのですが、この本もめちゃくちゃおもしろかったです!

 

ドラマでは、家事代行から始まり、契約結婚をして、

ひらまさが、世にいう結婚をしようと提案した時に、

みくりが言った言葉が、

「好きの搾取」

という言葉でした。

 

この本のなかでは、具体的に、

・専業主婦の労働対価(給与)

・いくら以下なら好きの搾取をされているか

などの計算方法が、

実際のドラマから想定される数字を使って書かれています。

 

詳しい計算方法は省略しますが、

本のなかでは、

みくりの家事に対する給料は、19.4万円/月と計算され、

 

夫の年収を逆算して考えていくと、

夫の年収が600万円未満なら、専業主婦は、

好きの搾取をされているということ。

 

みなさん、どう感じますか?

 

しかし、この例は、こどもがいない人の場合です。

こどもが生まれて、家事に育児が加わった場合、

本のなかでは、みくりの給料は、37万円/月になって、

 

夫の年収を逆算して考えていくと、

夫の年収が1,250万円未満なら、専業主婦は、

好きの搾取をされているということ。

 

こうなってくると、ほとんどの家庭で、

好きの搾取が行われていることになりますよね。

会社で考えれば、ブラック企業になってしまいます(笑)

 

この本にも書いてありますが、

逃げ恥は、

「家庭内の労働の価値を見える化」

したものなのです。

 

「見える化」するって、とても大切なことです。

そのためには、話し合うというプロセスが必要になりますね。

 

みなさんの家庭のお金は見える化できていますか?

まずは、そこから始めてみてはいかがでしょうか。

 

お金を見える化することは、お金が見える化できるだけではなく、

自分たちの生き方だったり、家族の大切なものだったり、

そういうところまで、繋がっていきます♪

 

昨年、ある家族のお金を見える化する、

キャッシュフローコンサルティングをさせていただきました。

受けていただいた、ご家族の感想が載っていますので、

もしご興味がある方は、こちらもご覧くださいね☆

https://lifeworkpress.jp/koe/oyakonokoe/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

「好きの搾取」されていませんか!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください