聴くということ⑧(感謝)

僕が話を聴くうえで大切にしていることの7つめは、「感謝」です。

一般的には、話をする人が主体で、聴く人が受け身になり、話をした人が聴いた人に対して、自分のこんな話を聴いてくれてありがとう!ということが多いと思います。話し手が聴き手に対して「ありがとう」と感謝することはとっても素敵なことですね。

僕は一方で、話してくれた人に対して「ありがとう」という気持ちになります。

話す内容の多くは、その人の悩みだったり、問題だったりするわけで、そういう大事なことって、誰にでも話せることではないですよね。

自分の悩みや問題は、話を聴いてくれる人、信頼できる人、安心安全な人にか話せないと思うので、僕を選んだくれたこと自体に感謝だし、大事なことを話してくれたということが、本当に嬉しくてたまらないのです。「話してくれてどうもありがとう!」という気持ちでいっぱいになります。

次回は大切にしていることの8つめを書きます♪

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください